脇差 (銘) 大慶直胤      江戸時代 末期  武蔵國
             天保六年
    
     「体配」 本造り庵棟、普通、切先伸び心の造り込み。
           刃長1尺7寸弱、反り4分。
     「彫刻」 表裏に刀樋の彫刻が有る。
     「地鉄」 板目流れて柾がかり地沸付き強い。
     「刃紋」 大互の目乱れ、刃中砂流し掛かり明るく冴えて足入る。
     「帽子」 焼き深くして返る。
     「中心」 うぶ茎、浅い丸棟、化粧筋違。

     江戸末期の優秀作で、特徴の有る出来作です。
           刀剣保存協会、特別保存鑑定書付き  白鞘、

 しのぎ刀剣美術館