脇差(銘) 兼 氏     後代   美濃国
 
     造りこみ 、本作り庵棟、刃長1尺7寸、反り6分
     地鉄、板目流れる。
     彫刻
     刃紋 五の目乱れに刃中足入り砂流し掛かる。
     帽子 乱れ込み浅く返る
     中心、うぶ茎、鷹の羽ヤスリ。
     
     刀工の略歴
 

鎌倉時代末期に大和国から美濃国の直江に刀工集団の移住が有り「直江志津とよばれた。
兼氏は包氏と言い。志津派の代表としてその名は、室町時代まで続きました。
、