刀 (銘) 信濃守大道        江戸時代 (1630年)    美濃国−尾張国
          
       [体配]、本造り庵棟、刃長70.06p 反り-2.1、元幅、先幅共に尋常。
       [彫刻]、無し
       [地鉄]、小板目詰む」。
       [刃紋]、互の目丁字乱れ、表裏揃って刃中互の目足入。
       [帽子]、乱れ込み、乱れて返る。 
       [茎、]、うぶ茎、栗形、筋違いヤスリ。
       
       新刀、初代、白鞘新調、研磨済み、地刃健全。      





   時代外装.白鞘付   特別貴重刀剣証付き

     
しのぎ刀剣美術館