脇差 (銘) 祐 光    室町時代 (応仁頃)  備前國
          
           
     「体配」 本造り庵棟、小切先の造り込み。
           刃長59.2、反り1.8、
     「彫刻」 表裏に棒樋。
     「地鉄」 板目に木目交じり良く錬れて写り心がある。
     「刃紋」 互の目丁字僅かにノタレ交じり、刃中足入る。
     「帽子」 乱れ込み、先、小丸く返る。
     「中心」 うぶ茎、勝手下がりヤスリ。

     「備考」 応仁頃の長船刀工で、俗名を六郎左衛門と言う。




 刀剣保存会鑑定書付き  白鞘、外装付き

 しのぎ刀剣美術館