脇差 (銘) 三原住正信    室町時代 (末期)  備後國
          
           
     「体配」 本造り庵棟、小切先の造り込み。
           刃長65.4、反り1.8、元幅2.9、.先幅2.3cm、元重5、先重4mm。
     「彫刻」 表に倶利伽羅、裏に腰樋に添え樋の彫刻。
     「地鉄」 小板目に木目交じり良く錬れる。
     「刃紋」 中直刃調で僅かにノタレ交じり。
     「帽子」 先、掃掛て丸く返る。
     「中心」 うぶ茎、刃上がり栗尻、筋違ヤスリ









    
 刀剣保存協会鑑定書付き  白鞘、外装付き

 しのぎ刀剣美術館