短刀 (銘)  長船祐包      江戸時代 (後期頃)    備前国
              天保十年二月日        

       [体配]、平造り庵棟、刃長19.8p、身幅1.8p、重ね0.7p。
       [彫刻]、無し
       [地鉄]、小板目詰む。
       [刃紋]、互の目丁字。
       [帽子]、直ぐに丸く返る。 
       [茎、]、うぶ茎。
             
       長船正統鍛冶。


    白鞘付   保存会鑑定書付き 保存刀剣の鑑定書着きます。
     
しのぎ刀剣美術館